デリヘルの思い出-横浜編-

何もかもどうでも良くなったので風俗

何もかもどうでも良くなること・・・ありますよね。僕は真面目に働いていたのですが、仕事で評価されず、彼女もできずに自暴自棄になっています。そんな中、最近ハマったのがデリヘルなんです。僕がこんな愚痴を零しても「わかるよ!私もそういうことあるからね」と賛同してくれるんです。愚痴なんて本当は聞きたくないと思いますが、それでも優しく聞いてくれる子に、心が癒されました。風俗嬢って世間的に見ても叩かれる存在かもしれませんが、僕にとっては癒しの天使です。デリヘル嬢とかなら、自宅でじっくりと愚痴を聞いてくれるから、心を癒すのにも使えると思います。少なくとも風俗は店舗で使うよりもデリヘルを使った方が良いかもしれません。そうすれば、間違いなく楽しめるのではないでしょうか。僕の場合は、最近オプションとかにも目覚めていて、普通のプレイ以外にも楽しめることを増やしています。女の子も稼げる金額が多くなって、これぞまさにウィンウィンの関係です。

全風俗嬢は俺のもの!それだけ!

俺クラスのモテ男になると、風俗嬢も自然と落ちちゃうから困るよね。この前も遊びで使ったデリヘル嬢がいたんだけど、「マジでイケメンなんだね」と俺にメロメロだったぜ。「君もかわいいよ」と言うだけで、「きゃー!」という風俗嬢。デリヘルの子なんて素人が多いから、もう超余裕。このままだったら、本当に全風俗嬢は俺のものになるかもしれない。いや、モテるって正直楽しいよ。でも、その分大変なこともあるけどね。連絡先の交換を逆に求められることが多いから、連絡をいちいち取らないといけない。それが最近は面倒かなって思う。まぁ、風俗嬢を虜にしたら遊び放題だから、これも下準備としては必要なことなんだけどね。仕方なく連絡を取っていると、その時にデートに誘われたりすることとかもあるしなぁ。俺ってやっぱり魅力の塊なんだろうなぁ。モテたいって人は正直モテない。一番モテるのって、自然体で接している人じゃないかな。この俺みたいにさ。